無理を前提で話す

グレートピレニーズっていいね

では最後に、もはやファーストドッグとしては確実に不的確とも言える超大型犬を見てみよう。端的に言ってしまえば、その大きさは大型犬よりもはるかに大きいということ、そのため生育環境も基本的には持ち家であることが条件として望まれている。だから誰もが飼育できるというものではないのだが、それでもいつかは、という人に向けて超大型犬の中でも個人的なオススメ犬種を紹介しよう。それは『グレートピレニーズ』と呼ばれるもので、全体的にフワフワな毛並みが特徴となっている犬だ。

こちらのグレートピレニーズ、標準体躯が約80cm、体重も50kg前後という破格ぶりだ。個体差にもよるがそれでもゴールデン・レトリーバーよりも大きいことは間違いない。元々犬としての起源も古いこのグレートピレニーズだが、愛玩ペットとして飼育されるようになったのは現代になってからのこと。それまではどうしていたのかというと、護羊犬として利用されていた。つまり、かなり獰猛な性格となっている。現在でこそ、その獰猛性を抑えるために訓練や繁殖によってそうならならないようにしていたものの、現在では一般家庭で飼育しても問題くらいに穏やかな性格となっている。ただ本質的には警戒心が高く、勇敢さは失っていないため人に危害を加えないように躾をすることが飼い主による責任となっている。

犬と暮らしてるあなたへ

ペットとして

グレートピレニーズをペットとした場合、一番気になるのは運動量についてだろう。ゴールデン・レトリーバーのような活発な性格だったらかなりの運動量が求められるものの、超大型犬ともなると凄さを通り越して一日数回程度の引き運動をすればいい。それだけなのかと驚く人もいるが、ピレニーズにはちょっとした欠点がある。

それは太りやすいという問題だ。かつては護羊犬として日々狼などの動物たちから守る役割を担っていた犬だったが、現在では穏やかな性格になるように改良されてしまったため、日々の運動によって体重管理をしていかなくてはならない。かつては駆けまわって体型を維持することが出来たものの、それもいつしか出来ない程に世間は狭くなり、飼育される環境も矮小となってしまったことを考えるとピレニーズたちにすればストレスの元凶とも言えなくもない。

性格については改良されたことも相まって、人間との関係は形成しやすくなってはいる。飼い主と定めた犬には非常に利口となっているが、先程も話したように闘争心が潜在的に隠れているため躾が不十分だった場合には、コミュニティ外の人間に対して危害を加える可能性も出てきてしまう。

暑さに弱い

グレートピレニーズは元々山の麓付近で飼育されていた傾向も有り、寒さには非常に強い犬となっている。これからも分かるように、その逆の暑さにはてんで弱いという弱点もあるため、夏場では熱中症にならないように配慮することも大事だ。ただこうした特徴も住んでいる国と地域によって変動するもので、本来なら寒さに強いピレニーズだが、温かい暮らしに慣れきってしまうと寒い中へと駆け出さないで引きこもってしまうということもある。それはそれで可愛いのだが、現代家庭によって調整されてしまった犬としての本質もねじ曲げられてしまうというのは、どうにも物悲しい側面でもある。

ペットといえば

以上のことから

超大型犬とカテゴリーされる犬はまだいる。その中には動物映画の主題にも選ばれたセントバーナードといった、典型的とも言える犬が含まれていることもある。大きさにもよるが、グレートピレニーズにしても、セントバーナードにしても、元々は海外の広大な土地で生育されることを前提にした生き物だ。日本の、東京都内といった都市部での生育となると十分なスペースを確保するのは中々難しい。田舎であればそれも可能かもしれないが、満足行くような広さにするためにはやはり日本は狭すぎるとも考えられる。

ただグレートピレニーズも躾や主従関係という信頼がきちんと構築されていれば、これほど可愛い犬もいない。もちろん小型犬や中型犬にしてもそうだが、大型犬には大型犬ならではの楽しみ方というものもある。1つ気をつけないといけないのは、その遊びも度が過ぎると最悪自分に対して何かしらの危害を加えられているといった風な印象も見受けられるかもしれない。

遊ばせる際には人もそうだが、その大きさから特に小型犬とじゃれついて踏み潰していないかどうかというのも気にしなくてはならない。いうなれば人間1人分の体重がチワワなどの小型犬へダイレクトに加重されたらどうなるか、考えるだけでも恐ろしい。

犬を飼うって、こんなに難しいんです。ファーストドッグともなると、最初に飼育する犬を何にするかでその後の犬との向き合い方も変わっていくだろう。

おうちにおいで :::ファーストドッグの選び方:::

おうちにおいで :::ファーストドッグの選び方:::

犬派必見!::