なんでこんなにコーギーが可愛いんだ

可愛く見えてどうしようもない

柴犬もそうだが、個人的に最近注目している犬がいる。犬の種類は何種類と存在しており、さらに日本では現在飼育が許可されていない物も存在している。中型犬の中にもそういった種が存在しているため、中には見たことがないという人もいるだろう。犬を飼っている人は常に街中で犬を見かける度に視線がアチラコチラと動いたりすることもあると思う、個人的には『ウェルシュ・コーギー・ベンブローク』などが良い例だ。

コーギーは中型犬に位置する、意外と感じる人もいれば小型犬ではないのかと驚愕する人もいるかもしれない。一般的な基準と照らしあわせてみると、通常小型犬とはおよそ『8kg未満』の犬が対象となっているため、標準体重が10kgを超えるコーギーは実は中型犬といえるのです。

最近個人的にコーギーを見かけると、どうしてもその姿を追ってしまいます。ただ追うだけですが、たま追跡したくなるのを抑えてなんとか我慢することに成功しているくらい、好きだったりする。個人的な感情がむき出しになっているくらいに、コーギーが好きなのだが、そもそもコーギーはファーストドッグとして適している犬種なのかどうかを少し考えなくてはならない。

そう、コーギーも言ってしまえば見た目に騙されたら飼い主として痛い目を見てしまう犬となっているので、よく考えてから飼育することを検討したほうがいいのです。

犬と暮らしてるあなたへ

どこまで行っても住宅はデザインが先進的でなくてはダメだ、そう考えている人もいるでしょう。 最先端を行くデザイン住宅 デザイン重視派の住宅案件もこれまで依頼された中でお受けしてきたので、完成予想図を知りたいからはご参考までに確認してみて下さい。

かなりの荒くれ者

ファーストドッグとしてコーギーを飼いたいと思っている人に告げると、本気なら覚悟したほうが良いということを伝えておく。というのも見た目は中型犬クラスとなっているが、行動内容は大型犬顔負けとなっているため、非常に活発な性格となっている。どういう意味で活発なのかというのは敢えて言うまでもないが、運動量が大型犬並みにハードでなければ運動不足になりがちだということでもある。つまりは大変だということ、ファーストドッグに向いていると紹介しているところもあるが、それだけ根気よく犬と向き合えるだけの忍耐力などを持っている人限定だ。

こう言ってはなんだが、犬はだれでも好きなモノを飼おうと思えば飼うことは出来る。しかし人間も生きていくためには仕事をしなければならないため、常日頃から飼い犬の側にいることは叶わない。また散歩にしても、どうしても仕事に行く日などは出来ないという理由も絡んでくるかもしれないものの、それは飼い主の自己都合だということも理解しておきたい。犬にとって運動不足は肥満ももちろんだが、健康状態を崩しかねない問題になってしまう。

ただ平日仕事で出勤しなければならない人には飼育には向いているとも言える。大半の犬は群れで行動する事を習性としているため、孤独を非常に嫌う生き物だ。しかしコーギーのように、単体でいることにそれほど恐怖を覚えない個体もいる、もちろん半日が限界となっている。帰ってきたら飼い犬へのスキンシップなどを忘れないようにするのも大事となってくる。

実は大変、毛並みのメンテナンス

犬にとってブラッシングは大事なことだが、それはコーギーにとってもそう。彼らの場合、換毛期になれば実は相当量の抜け毛が発生する。それもそのはず、コーギーはダブルコートとなっているため、発生する抜け毛は基本的な犬よりも倍以上となっている。そのため、きちんと手入れをしていないとあちこちに犬の毛が満載という、お手入れが大変な状況になったりもする。この点はどちらかと言うと猫に当てはまるところではないだろうか。

ただ毛並みとしては毛玉が出来にくい硬い毛となっているので、メンテナンス自体はそれほど難しくはないので初心者が飼うにはいいところでもある。

ペットといえば

結局のところどうなのか

つまりファーストドッグとして最適なのかどうか、その答えを急ぐ人もいるかもしれないのでまとめてみると、トータル的には初心者向きと考えるには少し難しい面が強いかもしれない。特に単身者の場合だと、メンテナンスなどもそうだが飼育という意味ではバランスがかなり難しいとも言える。人によるところでもあるが、運動なども含めてきちんと飼育していけるだけの意気込みを持っているなら、コーギーも有りだ。

おうちにおいで :::ファーストドッグの選び方:::

おうちにおいで :::ファーストドッグの選び方:::

犬派必見!::